平安時代からの玄米で「7号食」を続けての気づき

9/29(日)新月から始めた玄米のみ食する7号食。
期間は10日間!
ごま塩と番茶とお水、炭酸も可!

 こちらの玄米甘酒は、いくら飲んでもいいそうで助かってます。
お砂糖は全然入っていないのに甘くて美味しいし身体に優しい味。

ダイエット効果もあるそうなのですが
身体の中の変化に興味があって挑戦9日目。

1、2目は眠くて眠くてだったのが
3日目から少しずつ慣れます。
9日目の今日は、スタートから体重2㎏⬇︎
お腹周りがスッキリし、肌の調子が絶好調^_^
左親指の辺りが気になっていた違和感が全くなくなっています。
血液までも入れ替わる事は、本当にそうだなと思います。

削ぎ落とした食生活で、生活の癖や気付きが大きいです!
世の中は、「小麦が多い!」「飽食」「添加物が多い」
目移りする事が多く、煩悩が起きやすい。

食事は気を使っているはずですが、
「朝のコーヒー」での目覚め
カフェでくつろいで本を読んだりライティングするなど
日頃の習慣で身体に入ってきている物に気づきます。

簡単に出来そうなので、玄米で米粉を作り置きしておくことにしました。
あと1日で終わりですが、

快復食は、具なし味噌汁が二日間。
そのあとは、出張が入るので、少しずつ日常に戻します。

日常の中でも大きな楽しみの食事、大切な時間なのだと痛感!

昨日の葛城山の景色は神秘的
可愛い過ぎるムラサキの野草との出逢い 

Follow me!